Windowsデーター,小林正明,メニュー,お品書き,表彰状,プログラム
   

         
   
小ロット印刷

カラーレーザープリンタを駆使し、飲食店のメニューや年に数部必要とされる会社案内など10部程度からの印刷をお引き受け致しています。

印刷の素となる版下データはお客様ご自身がWord・Excel・PowerPointなどで作成されたものでも、版下屋である当社が作成したものでもお客様が選択することができます。

もちろん当社にて版下を作成する場合は、制作オペレータがお客様から直接説明を伺わせていただきます。

また、試作品のように最初は少部数だが後から数量を増やしたいというようなものは、最終データを印刷会社に持ち込めば多量印刷することも可能です。
  小ロット印刷
シュミレーション

小ロット印刷

イメージをカタチに

印刷をするのに、重要となるのが版下の作成です。

通常は発注者(お客様)が印刷屋さんに依頼するのですが,印刷会社さんも様々で例えば制作部門を持つ大きな印刷会社さんに依頼すると、先ず印刷会社の営業さんに印刷物の内容を伝えます。今度はその営業が制作部門のチーフに申し送りをし、チーフは実際の作業をするオペレータに申し送りをし、作業にかかります。

また、制作部門を持たない、町の小さな印刷屋さんに依頼すると、印刷屋さんは制作専門会社(当社の様な)の営業担当者と打合せをし、営業担当は実際の作業をするオペレータに申し送りをし、作業にかかります。 ゲラ出し(校正出し)も制作オペレータから営業さんへ、そして印刷屋さんへ渡り、お客様に戻ります。

デジタル工房では、お客様または製品毎に担当制作スタッフが直接伺いますので、イメージが伝わり易く、またそのイメージを素に用紙や印刷方法、ページ建て、カラーに関しても提案させてい頂いております。

印刷の最終の形が決まれば、あとは用紙の確認をして印刷会社で印刷をするだけです。

イメージをカタチに

イメージを形に

 

Copyright digital-koubou, All right reserved